最近注目の葬儀は家族葬|残された時間を有意義に過ごす為に

お葬式比較から

葬儀

多摩区で葬儀社を探しているのであれば、インターネットを利用して探していきましょう。限られた時間であるのならば、地域を限定したところで探し、複数見積もりを貰う事です。内容と費用の比較がしやすくなります。

もっと読む

お坊さんに包む費用

蝋燭

小規模で経済的な葬儀が最近の主流です。家族葬、一日葬、直葬などは、一般葬よりも低コストかつ短時間で行えます。しかし、お坊さんに来てお経をあげてもらう場合は、直葬であってもお布施代を包む必要があります。

もっと読む

増える傾向にある

線香

ゆっくりお別れできる

葬儀の多様化が進んでいます。従来の形式にとらわれずに故人の意志や遺族の気持ちを優先させる形式で葬儀を行う人が増えているようです。そして、中でも特に最近注目されているのが家族葬です。家族葬は、家族と故人と親しい間柄にあった友人などだけで行う葬儀のことを言います。従来の形式で一般的な葬儀を行うと、故人とゆっくり向き合い、最後の時間を過ごすことができない場合が多くあります。家族葬は、親族や親しい人だけで行う葬儀であるため、一般の参列者に気を使うなどの負担を必要としません。とても悲しいことですが、大切な家族が亡くなってしまった以上、一緒にいることができる残された時間はそう長くはありません。しかし、その中でも少しでも長くゆっくりとした時間を持つ余裕があるという点でも家族葬支持されているようです。

人数と関係性が違う

最近は葬儀を簡略化することも多くなっています。お通夜と告別式を1日で済ませてしまう1日葬と呼ばれる葬儀や、お通夜も告別式も行わない直葬と呼ばれる形式で葬儀を行う人も多くなっています。家族葬のいちばんの特徴は参列者の人数です。一般の参列者を招かないという点が他の形式と異なるところですが、儀式そのものは一般の葬儀と変わりはありません。多くの場合はお通夜、告別式を仏式で行います。そのため、僧侶を招き読経などの儀礼も行ってもらいます。簡略化された葬儀のひとつとして家族葬を位置付ける場合もあるようですが、宗教的な儀礼は行う点では簡略化された形にはなってはいません。参列者の人数を見れば簡素な葬儀ともとれますが、一般的な葬儀といちばん異なるのは参列者の故人との関係性と人数だと言うことができるでしょう。

家族葬に目を向ける

葬式

家族葬にしておくことで城東区のように様々な年齢層の人が住んでいる地域でも、執り行いやすく周りに気を使う必要がありません。どんな葬儀にしたいのかをよく考え、家族葬が適しているのかに注目して選ぶようにしましょう。

もっと読む