最近注目の葬儀は家族葬|残された時間を有意義に過ごす為に

お坊さんに包む費用

蝋燭

小さなお葬式

近年の傾向として、お葬式は少ない人数でコストをかけないで行うのが人気です。低コストなお葬式には、家族葬、一日葬、直葬などがあります。家族葬は一般葬に代わり、今は日本のお葬式の主流となっています。家族葬は、家族水入らずで、または親しい友達を招いてとり行なう葬儀です。特に決まった流れはありませんが、基本的にはお坊さんに来てもらい、お経をあげてもらいます。人数が少ないので葬儀費用の節約にはなります。しかし、お坊さんに来てもらう場合はお布施代が必要です。お布施はお坊さんを通してご本尊にお供えする供物の意味合いがあります。家族葬であっても寺院関係者へのお布施は必要で、地域によって10万円〜30万円用意するのが一般的です。

直葬の特徴

家族葬や一日葬、直葬などは、低コストな上に煩わしい接待が不要です。格式ばった儀式がないという点が、選ばれている理由のひとつです。家族葬の場合は通夜から告別式まで一般葬と流れは一緒です。一日葬は通夜から告別式まで一日で終わらせます。最も経済的なのが直葬です。直葬の場合、儀式は一切なく、直接火葬場に行って火葬をするだけです。そのため、沢山ある葬儀の中でも一番リーズナブルです。直葬の葬儀費用は安いと15万円ぐらいが相場です。ただし、直葬でもお坊さんに読経してもらうケースもあります。その場合は、家族葬と同じようにお布施代が必要になります。直葬の場合でも相場にあったお布施代を支払うのが最低限のマナーです。